自然
宮古島の体験

神が宿るといわれる小さな島。
大神島という離島の原風景へ。

宮古島から北東へ4kmほど。古くから半農半漁の独自文化を築く小さな島が大神島です。
島尻漁港から定期船を使って渡ることのできるこの島は、神話に彩られた島として有名です。
宮古島にはない、もうひとつの島時間がここに。

国内有数のパワースポットで
穏やかな島時間に癒やされる。

宮古島の北東に浮かぶ周囲3kmほどの小さな島、それこそが神話に彩られた大神島です。宮古島の北東の沿岸から目視できるこの島は、その名の通り多数の聖域やパワースポットがあると言い伝えられ、かつては島民以外の入島が制限されていたことでも知られています。しかし現在では、観光にも力を入れ島唯一の食堂を整備するなど、宮古島滞在の目的地のひとつになっています。
手付かずの自然を感じたい、パワースポットを巡ってみたい、二度目の宮古島で少し変わった場所へ行ってみたいなど、メインの宮古島滞在とは違った趣を楽しめることが大神島探索の醍醐味です。
島に暮らすおじいによる島内案内や、手つかずの自然が残る散策路、さらには宮古島とはまた違った海中景色が楽しめるシュノーケリングやダイビングも好評です。島民が大切に守る聖域には近づかないなどルールを守り、手付かずの自然が残る神の島を感じてみる。穏やかに流れる島時間は、新たな宮古島の魅力を教えてくれる経験になるでしょう。

宮古島の島尻港からフェリーで大神島へ。15分ほどの船旅。

奇石や遠見台を横目に
島内散策。

島内はのんびり歩いても2時間ほど、まずは自らの足で歩いてみることこそが大神島を感じる近道です。定期船が発着する港から北へ歩いてみると小さな集落を抜け、島一番の高台・遠見台(トゥンバラ)へ到着します。鬱蒼と茂る木々を抜けた先に広がる絶景は、まさに大神島ならでは。吹き抜ける潮風を浴びながら眺める島の全景は、長く自然と共生して生きた島の歴史と自然を感じることができるでしょう。
さらに大神島の沿岸には、奇石(ノッチ)と呼ばれる、奇妙な形をした岩がにょきにょきと姿を現す場所があります。まるでキノコのような形の岩は島の隆起によって地表から転がり落ちた岩と言われており、長年にわたる波の浸食で根元を少しずつ削られ、現在のような奇妙な姿になったそうです。潮の満ち引きを感じつつ沿岸を歩けば、カニや魚がそこここに。さらに蝶に鳥、咲き誇る花々など、さまざまな動植物が驚くほど身近に感じられることでしょう。そんな小さな発見こそが、この島の財産。歩けば歩くほど、この島では自然の豊かさが寄り添ってくれるのです。

ノッチと呼ばれる奇石。波の侵食により削られた形はキノコのよう。

大神ブルーの海を感じる
美しきサンゴの世界へ。

最後はやはり海。大神島は美しいサンゴ礁群が残る、知る人ぞ知るシュノーケリングスポットでもあります。現在、島に暮らす島民は20人ほど。ほぼ人工的な排水がないこの島の海は透明度の高さも随一と言われているのです。コバルトブルーに輝く美しい青さで例えられる宮古ブルーになぞられ、さらに深い青が特徴の海中世界は大神ブルーと呼ばれ、貴重なサンゴ礁の残るダイバー憧れの場所でもあるのです。
そんな大神ブルーに、浜からすぐの場所で出会えるのが大神島でのシュノーケリングのポイント。一度海に潜れば、キャベツ畑とも呼ばれるコモサンゴの群生や、色とりどりのサンゴ礁、熱帯魚が群れをなすラグーンなど、そこには煌めく海中世界が広がっています。

美しい時間が流れる島。

宮古島の北東に位置するこの島には特筆すべき観光設備はありません。ただ昔から残るそのままの自然に囲まれた静かな島は、どこよりもリラックスできる場所かもしれません。のんびりと島を探索し、気が向いたらシュノーケリングを楽しむ。海に涼み、潮風に癒やされる。何もない贅沢。島民が大切に守ってきた大神島には、今もそんな美しい島時間が流れているのです。

MAP

シギラリゾートでは観光観察・ツアーなど
数多くのアクティビティをご用意しております。